Dispense-Rite ロゴ

世界トップクラスの選別技術
 
Eriez | World Authority in Separation Technologies
World Authority in Separation Technologies

エリーズマグネティックミルライナー

マグネティックミルライナーは、シェルとミルヘッドの両方を備えた耐摩耗性のマグネットです。

 

Magnetic Mill Liner

MagneticMillLiner.jpg

 

エリーズ マグネティックミルライナー

マグネティックミルライナー (MML) は、耐摩耗性のスチールに格納されたマグネットです。スチールとマグネットライナーの一番良い特長を組み合わせました。マグネットが磁性の金属ライナーをシェルに固定し、ボールチップと磁性鉱物を保持して固形の保護層を形成し、これが耐摩耗ライナーとして機能します。ボールチップと磁性鉱物を継続的に保持するため、ライナーはメンテナンスなしで何年間ももちます。マグネティックミルライナーで最長のものは 10 年以上継続的に使用し続けることができます。

マグネティックミルライナーの設置により以下が実証されています。

  • 安全で設置が簡単
  • メンテナンス費用が大幅に低減
  • ミルの可用性が向上
  • ミルのシェルの逆洗浄を防止
  • 媒体の消費量を低減
  • 騒音レベルを低減
  • ミルからの漏出を低減/防止することが可能
  • 作業環境の改善が可能

マグネティックミルライナーの用途には、補助用ボールミルやリグラインド用のボールミルなどがあります。

 

実証された性能

マグネティックミルライナーは、長年にわたり使用され、粉砕作業に高い効率性を提供してきました。保護層を装備するマグネティックライナーの厚さは従来のライナーよりも薄く、より大量の作業量を実現します。またマグネティックミルライナーは磁力によって波形を生成し、粉砕する材料を持ち上げることにより、摩擦を最適化します。摩擦力が大きくなるほど摩耗と衝撃は少なくなり、圧力を高めて粉砕効率が向上します。

ボールミルから解放された粉砕用のボールチップや粉砕された破片は、下流工程の機器を極端に摩耗させてしまう場合があります。こうしたボールチップや破片は粉砕回路の中を循環し、ポンプやサイクロン、パイプに重大な損傷を生じるおそれがあります。また、こうしたボールチップや破片は、最終的にはサイクロンオーバーフローでミルの回路から排出可能な程度まで小さいサイズの粒子に粉砕する必要があるため、エネルギーを不必要に消費してしまいます。

一方、マグネティックミルライナーは、その表面にボールチップや破片を吸収してミルから排出されないよう防止し、同時に固形の保護層を形成します。より小さなサイズのボールチップは、1 番目のボールへの供給材料から分類・分離されます。こうしたボールチップや破片はライナーとして機能し、余分なエネルギーを消費することもありません。

This site is powered by the Northwoods Titan Content Management System
X
 
エリーズ
2200 Asbury Road | Erie, PA 16506
814.835.6000 | 800.345.4946